So-net無料ブログ作成
検索選択

水分補給はミネラルウォーター?それとも水道水で良いの?それぞれのメリットは? [水分]

水分の補給は、ミネラルウォーターや水道水どちらを選んだ方が良いのでしょうか?
水は生命を維持する上で、とても大切で必要なものですね。
体のために、水について、メリットとデメリットをもう一度考えてみましょう。

水道水は安全?メリットとデメリットは?

水道水のイメージは、美味しくない、発ガン性物質などの安全性への不安があげられます。
美味しくない理由については、塩素で殺菌するためカルキ臭が残ってしまうからです。
安全性への不安は、人体に悪影響を及ぼすほどではなく、逆に十分殺菌されているために日本の水道水は安全と言われています。

メリット
・ミネラルウォーターより安価。
・蛇口をひねると出るので手間いらず。
・安全性が高い。

デメリット
・塩素のためカルキ臭が残る。
・美味しくない。
・水道管の劣化(サビ等)、貯水槽内の汚れで下痢などの症状を起こすことがある。

水道水は安全性が高く、カルキ臭もオゾン処理などを用い以前ほどは気にならなくなってきました。
塩素の人体への影響もほとんどありませんが、皮膚がデリケートな方は入浴などで肌あれを起こすことがあります。

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_m_c.jpg

ミネラルウォーターは安全?メリットとデメリットは?

ミネラルウォーターには、その名の通りミネラルたっぷりで体に良いイメージがあると思います。
ですが、軟水の中に含まれているミネラルは、体への吸収率が悪くほとんどが汗や尿として排出されてしまいます。
そして、水質基準が水道水よりゆるく、安全性が高いのは水道水という結果も出ています。
便秘解消やミネラル補給としては硬水がおすすめで、ミネラルウォーターで購入する方法が一般的です。

メリット
・美味しく飲みやすい(軟水)
・便秘解消やデトックス効果がある(硬水)
・ミネラル分が豊富で補給できる(硬水)

デメリット
・水道水よりコストがかかる。
・ペットボトルなどゴミが出る。
・硬水はミネラル分が抱負なため体質により内臓に負担がでる。

水分補給を兼ねて美容にも効果も合わせて摂りたいのであれば、硬水を選ぶものいいですね。
ですが、硬水は飲みにくいのが難点で、赤ちゃん子供は下痢を起こしやすいので注意が必要です。

正しく水分補給するために

水道水にもミネラルウォーターにも、それぞれメリットとデメリットがあります。
ご自分にあった選択で選ぶことが大切ですね。
水分補給は喉が渇いたと感じる前に、一度に大量に飲まずにコップ1杯を飲むと効果的です。
運動後など、水分がたくさん失われている時や暑い時は熱中症に十分注意しながら水分摂取を心がけてくださいね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。