So-net無料ブログ作成
検索選択
便秘の理由 ブログトップ

女性はなぜ便秘になりやすいのか?その理由とは? [便秘の理由]

女性は、便秘に悩んでいる人が多いですよね。

男性でも便秘の人はいますが、女性の方が多いのはいったいなぜなのでしょうか。

そこには、女性特有の原因があると考えられます。

女性が便秘になりやすい理由を症状別に見ていきましょう。


女性が便秘になりやすい理由

女性は、男性に比べて脂肪が多く、筋力が弱いという特徴があります。

そのため、血行が悪化しやすいのです。

女性の方が体温が高いのに、冷え性の女性が多いのもこのためです。

身体が冷えると、胃腸のはたらきは低下し、免疫力も下がります。

これを改善するためには、体温を上げる必要があるのです。

また、月経などの影響で、ホルモンバランスを崩しやすいことも原因となります。

では、具体的に見ていきましょう。

女性はなぜ便秘になりやすいのか.jpg

①筋力が弱い(胃下垂、筋力低下、運動不足)

筋力が弱いということは、筋肉量が少ないということです。

筋肉量が少ないと、体温を高く保つことができません。

体温が低いと、血行が悪くなり、代謝が低下するのです。

便秘になる原因は、腸のぜん動運動の機能が低下していることが考えられますので、

これを改善するためには、筋肉量を増やして、筋力をアップさせることが必要です。

運動不足は、身体を冷やす原因にもなりますので、

有酸素運動などをして、適度に汗を流すことが必要です。

また、胃下垂の人に便秘が多いと聞きますが、

この原因は、胃が下がることで腸が圧迫されているからです。

腸が圧迫されることによって、腸のはたらきを妨げ、便の通りを悪くしているのが原因です。

これを改善するには、腹筋を鍛えることが効果的です。

そしてなるべく姿勢を良くするように心がけて、腸を圧迫しないようにしましょう。

1312227top.jpg


②ホルモンと便秘の関係(月経前はなりやすい?)

女性がホルモンバランスを崩しやすい最も身近な理由は、月経です。

排卵後から月経前には、黄体ホルモンの分泌が促され、

腸内の水分調整がうまくいかなくなります。

これは、月経前症候群(PMS)の症状のひとつです。

特に黄体ホルモンと言われるプロゲステロンは、妊娠に備えるため、

腸内の水分を身体に吸収させようとはたらきます。

そうなると、腸内の水分量が足りなくなり、便が固くなります。

便は水分を含み、柔らかくなることで便通を促しますので、

水分量が足りないと、出にくくなります。

また妊娠の準備として、着床するまでは、

子宮の収縮が起こらないように制限されるため、腸のぜん動運動も抑制されてしまいます。

腸のぜん動運動が抑制されると、便を押し出す力が不足しますので、

なかなか出てこない状況をつくります。

これらを踏まえると、女性の身体の機能そのものが、便秘を促してしまうため、

女性は便秘になりやすいと考えられます。

imgres.jpg


ダイエットによる便秘

便秘を防ぐためには、しっかりと食事を摂り、毎日便を出して、

循環を良くすることが必要です。

常に便を出す習慣ができることで、

新しい食べ物が入ってくると、順番に押し出されていくのです。

しかし、ダイエットなどの影響で食べる量が減少すると、

便をつくる材料が不足して、出しきれない状況になります。

それだけでなく、栄養不足により、身体全体の機能が低下して、

便秘になるとも考えられます。

痩せるためにダイエットをしているのに、便秘になって痩せにくくなる…

という悪循環にハマってしまう前に、便秘を改善することが必要です。

また便秘になると、腸内に悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪くなります。

腸内環境が悪くなると、免疫力を低下させ、大腸ガンなどを引き起こします

免疫力を高めるはたらきのある免疫細胞は、ほとんどが腸で作られています。

そのため、腸内環境が悪くなると、免疫力が低下するのです。

また、ダイエット中はストレスもたまりやすく、

自律神経の乱れを引き起こす可能性が高くなります。

極度なダイエットは控えるようにして、毎日便を出す習慣をつけましょう。

1d177f5985311c91c0ac89b53f4bb628.jpg


④便意を我慢してしまう

意外にも、これが一番の原因であると考えられます。

せっかく充分な水分量で便がやわらかくなり、腸のぜん動運動も正常に行われているのに、

便意を我慢してしまう人がけっこう多いのです。

その原因は、朝の忙しい時間帯にトイレに行く時間がないこと、

または通勤中や仕事中など、便意を感じてもすぐトイレに行かず、

我慢する状況にあることが原因です。

そうは言っても、朝のトイレに時間をかけることはできない!

と思っている人は、快便を経験したことがないのでしょう。

毎日決まった時間にトイレに行き、毎日1回~複数回のお通じを習慣づけている人は、

小か大かわからないくらいの短時間で済ませることができるのです。

便意を我慢することにより便秘になる理由は、水分量が不足していることです。

体内に取り込んだ食べ物が便になり、充分な水分を含んでやわらかくなります。

この状態が、便を出す絶好のチャンスです。

しかし便意を我慢すると、便をやわらかくしてくれていた水分が、

どんどん腸壁などの体内に吸収されていきます。

すると便の水分が取られて固くなり、出にくくなるのです。

これが便意を我慢することによる便秘の症状です。

毎日この時間にトイレに行く、と決めて習慣づけるようにしましょう。

aaa9.jpg


便秘の理由 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。