So-net無料ブログ作成
検索選択

食物繊維たっぷりのスムージーの作り方 [食物繊維]

野菜まるごとグリーンスムージーで、不足しがちな食物繊維をたっぷり摂りましょう♪
スムージーにはダイエット美肌効果、便秘改善など女性に嬉しい効果がたくさんあります。
ですが、グリーンスムージーに入れる野菜やフルーツの中でも、入れてはいけないNG食品があるのです。
効果が半減してしまうNG食材と、作り方をおさらいしてみましょう。

main_c.jpg

グリーンスムージーNG食材は?ヨーグルトや豆乳もNG!

グリーンスムージーは生きた野菜の酵素を、体の中に取り入れることが目的です。

タンパク質と一緒に摂ると、栄養の吸収が阻害されてしまうのです。
そのため、ヨーグルトや豆乳は、動物性タンパク質なので、NGになります。

基本的に葉野菜を使うのですが、キャベツはお腹にガスがたまりやすいので避けてください。

糖質(デンプン)の高い野菜は、太る原因となり消化も悪いので入れないでくださいね。
にんじん、かぼちゃ、カリフラワー、ブロッコリーの茎、ナスなどがこれにあたります。


食物繊維がたっぷりスムージーレシピ♪

グリーンスムージーの作り方の基本

適当な大きさにカットした野菜、フルーツ、水をミキサーに入れよく攪拌する。
たったこれだけで簡単にできてしまいますね。

森のバターでアンチエイジング

アボカド1/4個、バナナ1/2、キウイ1/2、ほうれん草7枚、水100cc

アボカドは脂質がたっぷりですが、ほとんど不飽和脂肪酸なので体に溜まりにくいので安心してください。
栄養価も高く、美容にもいいビタミンB、Eや食物繊維もたっぷり含まれています。

avocado_c.jpg

グリーンスムージーおすすめ野菜&フルーツはコレ!

葉野菜ならキャベツ以外、何を入れても大丈夫ですが、オススメは、ほうれん草、小松菜、みず菜、チンゲン菜などです。
特にほうれん草がオススメですが、初心者には飲みにくくハードルが高いので、クセが少ない小松菜やみず菜でスタートするといいでしょう。
食物繊維の多いフルーツは、レモン、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー系、キウイがオススメです。

また、生野菜は体を冷やす原因のひとつになっています。
体を冷やすと、代謝率の低下などでダイエットや美容の敵になってしまいます。
冷蔵庫から出してすぐの冷えた状態で飲むのではなく、なるべく常温に近い状態で飲んでください。
くれぐれも酵素は熱に弱いので、温めて飲まないようにしてくださいね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。