So-net無料ブログ作成

食物繊維がたっぷりのおすすめ食材7選 [食物繊維]

食物繊維は身体にいい!と最近話題ですが、ちょっとここでおさらいしてみましょう。

便秘や腸内環境の改善、

糖質やコレステロールなどの吸収を穏やかにしてくれる(ダイエットにつながる)、

生活習慣病の予防などホントにいいことがたくさんありますね。


食物繊維は不溶性と水溶性の2種類があり、バランスよく両方を摂取することが大切です。

不溶性2に水溶性1の割合がもっともバランスが良いと言われています。

バランスよく摂取するために、食物繊維が豊富に含まれている食材をピックアップしました。


1. ゴボウ

ゴボウは不溶性食物繊維です。

ポリフェノールが豊富でアンチエイジング効果で注目の野菜。

カラダに溜まった水分や老廃物を排出する効果もありデトックスにもおすすめです。

1_c.jpg


2. ドライフルーツ

乾燥させた食品は食物繊維が増えるのをご存知ですか?

バナナも食物繊維が豊富なフルーツなのですが、乾燥したバナナは生より7倍も増えているのです。

ドライフルーツは、噛みごたえもあり小腹がすいた時にダイエットにも優秀なおやつなのです。

しかも不溶性と水溶性の食物繊維の2種類が含まれているのも嬉しいですよね。

2_c.jpg


3. 寒天

寒天は水溶性で、干した棒寒天などが含有量が一番多いのでおすすめです。

寒天ゼリーなどダイエット向きのおやつもたくさんあり、手作りおやつもいいと思いますよ。

また、お米と一緒に炊くと食物繊維が豊富なご飯が炊き上がります。

普段のご飯を炊く時より水分量を多めに、

あらかじめ、ふやかしておいた棒寒天を細かくちぎって炊いてくださいね。

3_c.jpg


4. 大麦

大麦は不溶性と水溶性の食物繊維が含まれています。

内臓脂肪を減らす効果が期待され、見直されている食品のひとつですね。

麦ご飯は炊くのが難しい・・と思われている方は、簡単に茹でるだけでもOKです。

茹でた大麦は冷凍も可能で、野菜スープやサラダに入れるとプチプチ感が楽しめます。

4_c.jpg


5. いんげん豆

不溶性のインゲン豆は、脂肪の燃焼を促進する効果で

ダイエットや抗酸化作用やアンチエイジングなど、嬉しい効果がたくさんあります。

いんげん豆とはいっても、種類が多く、金時まめやひよこ豆などの総称となります。

豆類は煮るのが大変ですが、水煮などを利用する方法もあり

ミネストローネやカレー風味のスープに入れると美味しくいただけますよ。

5_c.jpg


6. キクラゲ

きのこ類は不溶性の食物繊維で、キクラゲが一番多く含有しています。

キクラゲは普段使いされていない方も多いと思いますが、

炒め物や中華風スープなどコリコリ感を楽しむ食材として取り入れてみてはいかがでしょうか?

その他のきのこ類も食物繊維が豊富で低カロリー、美肌効果、便秘改善など

便通改善に限らず、美容効果もたくさんありますよ。

6_c.jpg


7. さつまいも

不溶性の食物繊維を豊富に含むさつまいもは、便秘解消の強い味方です。

また、満腹感もあり置き換えダイエットに使われる食品のひとつになっています。

さつまいものデンプンは、レジスタントスターチと呼ばれ

大腸まで届いて善玉菌を増やし腸内環境の改善に役立ってくれます。

7_c.jpg



実は食物繊維がダントツに多いのは唐辛子なのですが、

多くは食べることができないので、

もっと気軽にたっぷり食べることができる食材を中心にご紹介しました。

気軽に食物繊維を摂取し、快適な生活を送りましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。